SPEEDPLAY NEWS

SPEEDPLAY NEWS

【スピードプレイ新商品入荷!!】

今回、ペダルのメンテナンスをするグリスガンが入荷しました。
グリスガン(グリス付属):¥4,410
09082811.JPG

ここからは使用レポートです。

まずグリスガンの上部のネジを回して取り外します。
09082812.JPG

グリスガン下部にある棒を最後まで引っ張ります。
09082813.JPG

最後まで引っ張ると棒の所に段差があり、引っ掛けて止めれるようになります。
09082814.JPG

これがグリスチューブです。
09082815.JPG

グリスチューブの蓋を取り外します。
09082816.JPG

そして、グリスチューブの蓋を外した側を下にして、グリスガンの中に入れます。
09082817.JPG 09082818.JPG

グリスチューブが入れ終わるとこの様になります。
09082819.JPG

中心部の穴を開けてグリスが出るようにします。
09082820.JPG

これでグリスチューブも完了ですので、蓋を閉めて行きます。
09082821.JPG

完了するとこんな感じになります。
09082822.JPG

最後の仕上げは、中に空気が入っていますので、グリスガンのハンドル部分(右手)を何度か
握って中の入っている空気を抜きます。
空気が抜け切るとグリスが先端から出てきます。
09082823.JPGこれで、グリスガンの準備は完了です。

と、思いましたが、更に付属商品でこんな物が付いています。
09082828.JPG

この棒はグリスガンの先端を変えて使います。
ペダルだけではなく普段から色々な場所にグリスアップできる変換アダプターになっています。
09082829.JPG

09082830.JPG梅雨の時期はグリスも抜けやすくなってしまうのと、グリスがすくなくなるとシャフトとボディにガタが出てきます。
そこで、早々にグリスアップしてみました。
手順は簡単です。

まずペダルボディサイドにありますダストキャップのネジを外します。
09082824.JPG

そしてグリスガンの先端をダストキャップの穴に差し込みます。
09082825.JPG

ペダルとグリスガンをしっかり固定し、グリスを注入して行きます。
09082826.JPG

グリスを注入すると汚いグリスがペダル内側から出てきます。
何度か注入すると、綺麗なグリスが出てくると完了です。
09082827.JPG

グリスを注入するだけだと、左右で1分もあれば終わってしまいます。

日本は雨が多く、またSPEEDPLAYはベアリングも多いので定期的なメンテナンスを怠ると性能が生かされません。

この作業で回転も良く、スピードプレイの性能も生かせますね。

でも専用のグリスガンまで用意するスピードプレイはすごいですね。

NAO