ゼロ パヴェ 受注開始!

ゼロ パヴェ 受注開始!

【SPEEDPLAY NEWS】

本日スピードプレイ「ZEROパヴェ」の詳細を掲載致します。

テクノロジーはZEROと共通させ、荒れた路面での泥づまり、耐久性を考慮し商品開発が進められたのがパヴェ!

ツール・ド・フランドルやパリ~ルーベなどでカンチェラーラやサガン選手らがテストし4年越しに商品化されました!

14092601.jpg14092602.jpg14092603.jpg14092604.jpg












価格はステレスシャフト仕様 33,800円(税抜)になり、重量はペダルが230g、クリートが4穴82g、3つ穴130gになります。納期は10月予定です!

なぜステンレスシャフトなのに33,800円?と思われた方も多いはずです。ゼロのステンレスは17,800円で16,000円の開きについてスピードプレイに質問した返答は

1.ゼロパヴェのボディは高価なワンピースステンレス鋼でインベストメント鋳造法を採用している。

2.ウエットでのスムーズな脱着を考慮しボディ内にセラミックを入れている。ゼロ(樹脂)やナノグラム(カーボン)に比べ永続的な強度を約束できる。

3.ステンレススチールウェアプロテクター (1,600円)が付属している。接地面が少ないパヴェにはクリートの消耗など(3つ穴時はベースプレート、4つ穴時はシューズ底面)を防ぐ役割がある。

4.特別にレッドカラークリートを採用した。

と言う。日本で言えばグラベルライドやペダルの耐久性重視などの方に特にお勧めですね!

*シクロクロスやMTB用ではございません。

 

「テクノロジー」

■イージーデュアル-サイドエントリー

ペダル両面がビンディング可能であり、ペダル面を気にせず、はめ込みができる。

■マイクロアジャスタブルフルート

ペダル固定角度が0°から15°までライディングスタイルに合わせ細かく調節できる。

■フォトアクシスアジャストメント

他メーカーでは実現できない つま先-かかと と 内側-外側 の固定幅調節が独立してできる。

これは内側からクリートを外すライダーは外側から外れるのを好まない。つまりその調節が可能なのである。

■ローエストスタックハイト

足裏からペダルシャフトまでの距離が、どのメーカーのペダルより、短くペダリングパワー伝達に優れる。

●11.5ミリ スタックハイト(3穴時)

●8.5ミリ スタックハイト(4穴時)

■アンベータブルコーナーリングクリアランス

ペダルが小さい為、路面とのクリアランスが大きいく、コーナー時にバイクを大きく傾けてもペダルがヒットしない。

●ステンレスシャフト - 37度

■ラージ,コンフォータブル クリートプラットフォーム

ソールとクリートまた、クリートとペダルの接触面積(足裏からペダルまで)が大きい為、安定感の向上、

足裏の加重集中を避ける事ができる。そして疲労が蓄積しにくく、ペダリングに集中できる。

■ハイクオリティベアリング

カートリッジベアリングとニードルベアリングを使用。

ペダルを薄くし、路面クリアランスとペダリングパワー伝達に優れる。

■フィットモアシューズ

3穴4穴どちらのシューズにも対応している。

■イージーメンテナンス

グリスホールがあり、グリス注入が簡単である。

■トゥルーロッキングメカニズム

スプリング力で固定していなので、脱着時がスムーズである。