リドレーニュース

第9ステージ

2015/07/31 10:06 AM

第9ステージは、今回のツール唯一のチームタイムトライアル。ヴァンヌからプリュメレックへの28kmのコースは、徐々にのぼってゆくコース。
15時30分にスタートを控えたロット・ソウダル。スタート地点のチームバスの横には、固定ローラー台が並べられている。14時40分。選手達の自転車がローラーに固定される。その10分後、14時50分にはラルス・バクがウォーミングアップを始める。次々とアップを始める選手達。高回転と低回転を織り交ぜ、もくもくとローラーを漕ぐ。
15071301.jpg
『ウォーミングアップをする前から、多くの観客が出待ちをしていた』
15071308.jpg
スタート10分前、エアロヘルメットを装着した選手達はチームバスを離れて、スタート台近くで待機。今日のチームタイムトライアルは、TTバイクで出走するのが定石。現にロット・ソウダルはDEAN FASTで挑む。
15071313.jpg
『スタート前に、ひとときのリラックスタイム』
15071304.jpg
『第1ステージの個人タイムトライアルに続き、DEAN FASTでチームタイムトライアルに挑む』
ところが、ハンセンは肩の痛みがとれないので、マスドレースで愛用しているHELIUM SLで出走する。
15071306.jpg
そのハンセン。スタート台近くで、チームメイトから距離を置いたところで、HELIUM SLのトップチューブのあたりを弄っている。近寄ってみると「家を離れて36週間=252日=6048時間」と書かれたステッカーを剥がしているではないか。さらに、偶然、腰につけた粘着式のゼッケンが剥がれ落ちた。
15071314.jpg
15070602.2.jpg
15071320.jpg
肩の痛みを堪えて出走した、鉄人、アダム・ハンセン。このチームトライアルに全身全霊で挑んだに違いない。そして、彼のこの後のツールがとても心配される。
15071317.jpg
15071319.jpg
『スタートを飛び出したロット・ソウダルの選手達』