リドレーニュース

第11ステージ

2015/07/31 12:09 PM

ピレネーステージ2日目。これまでのツールで名勝負が繰り広げられた、アスパン峠、そしてピレネーの名峰、ツールマレー峠を越える188kmで行われた。
15071602.jpg
『レースが進むにつれ、晴天に。レースを待ちわびる観客は、みな麓を眺めていた』
スタート地点のポー街は、ツールが頻繁に訪れる街。ロット・ソウダルは手慣れた様子で、スタートのスタンバイをした。
15071601.png
『ピレネーの麓の街、ポー。スタート時には、曇りがちな天気だった』
バク、デヘント、ハンセン、ウェレンスはHELIUM SL。ガロパン、グライペル、シーベルクはNOAH SL。デブシェールはFENIX SL。それぞれ、脚質や好みにあわせてマシンをチョイス。標高2000m越えのピレネーステージに備えた。
レースがスタートすると、ピレネーは快晴。強い陽射しと共に、麓から山肌を撫でるように風が吹き上げ、各国の旗がなびいた。レースを待ちわびる観客は、みな麓を眺める。眼下から中継のヘリコプターがやって来ると、待ちに待ったツールがやって来た。
15071604.jpg
『ピレネーの名峰、標高2115mのツールマレー峠を越える、有力選手達。ガロパンの姿も見える』
トップから4分強過ぎた頃、有力選手達のグループがやってきた。ロット・ソウダルからは、連日高順位でゴールしている、トニー・ガロパンが食らいついている。結果は、区間17位ながら連日ナイスチャレンジ。
15071603.jpg
『NOAH SLに乗り、テンポ良くダンシングするトニー・ガロパン』
昨日、スプリント賞のマイヨベールを奪取したグライペル。今日は、逆に奪い返され7ポイントのリードを許した。
15071607.jpg
『グリーンカラーのNOAH SLでピレネー2日目を走り終えた、グライペル』
15071605.jpg
『チーム内、2番手で上がってきた、ラルス・バク。現在総合39位』
15071606.jpg
『HELIUM SLでピレネーの急峻な山道を下る、ティム・ウェレンス』