リドレーニュース

第12ステージ

2015/07/31 13:10 PM

ピレネーステージ3日目。ロット・ソウダルは、連日上位に食い込んでいるトニー・ガロパンの活躍と、スプリントポイント争いをしている、アンドレ・グライペルの走りに注目。
朝から気温はぐんぐん上がり、スタート地点はすでに34℃。0km地点のオフィシャルスタートからロット・ソウダルは、トレインを形成。わずか、20km先のスプリントポイント地点で、グライペルが確実にポイントを獲得できるよう動く。
20km地点に設けられたスプリントポイント地点の気温は36℃。熱せられたアスファルトからは、ゆらゆら陽炎が立ち上り、その向こうから集団がやって来る。並み居るスプリンター達がポイントを奪い合う。グライペルは、トーマス・デヘントのアシストによって先頭で通過。しっかり、ポイントを加算した。
15071702.jpg15071703.jpg15071704.jpg15071705.jpg
『スタートから20km地点に設けられた中間スプリントポイント地点。グライペル、しっかりポイントを稼ぐ』
スプリンター達の戦いが終わると、いよいよ山岳ステージの様相。山々を進むにつれ、上空には積乱雲が迫ってくる。その雲の真下のゴール地点は、強烈な雷雨。おまけに雹が降り、気温が一時10℃まで下がる。
15071707.jpg
『ゴール直前に激しい雷雨、そして雹が降った。』
ロット・ソウダルは、22位にトニー・ガロパン。以下、ランヌメザンから走り出した、計8人の選手達が無事ゴールした。
15071706.jpg
『渾身の力でペダルを漕ぐトニー・ガロパン。ピレネー3日目は遅れをとった』
15071709.jpg
『スプリンターのグライペルにとっては、辛い一日となった。』
15071708.jpg
『スタート前もゴール後も笑顔のティム・ウェレンス』