握力を残せるグローブ!

2017/04/06 12:04 PM

デンマーク発のハイクオリティグローブブランド、「GripGrab(グリップグラブ)」。ご縁がありJプロツアーチーム「ヴィクトワール広島」さんにチームサポートをさせていただくことになりました。

そこで、グリップグラブ独自開発の2mmドクターゲルパッドを採用した薄手のレーシングモデル「ROADSTER(ロードスター)」を使用している選手の皆さんに、その使用感、インプレッションを聞いてみました。

17626632_830506107111789_2762592584864369025_n

(写真:ヴィクトワール広島 公式FBページより)

大塚選手
「トレーニングとレースで使用しましたが、すごく好印象です。手のひらにパッドが入っているので、長距離を走っても疲労が起こりにくいのはありがたいですね。手のひらの疲労が減るとレースの最終局面でも握力を残せるので、スプリントの展開になった場合でも大きなアドバンテージになりますね。」

斎藤選手
「手首にマジックテープがないので鬱陶しさが全くなくレース中にどんどんフィット感が増していきます!また、路面からの衝撃も和らげでくれるので手が痛いということもありませんし、スプリント時に力が逃げることもない最高の製品です!」

下島選手
「フィット感があり通気性もあるので良いです。レース中でスプリントをする際などで特に感じます!」

谷選手
「手に対するストレスがなく、レース終盤やゴール前の最も力を発揮したい場面でハンドルを強く握ることができ、力を自転車に伝えることができました。」

藤川選手
「手の甲側の伸縮性がありストレスがないです。グローブ着脱に工夫が施されており非常に着脱しやすく、装着感もしっかりとしていますね。」

皆さんのインプレからも着用時のフィット感が高く、シリアスな場面においてのバイクの高い操作性に貢献しているという事が分かりますね。

また、選手の皆さんから写真も頂きました。SH+のヘルメット&サングラスに加え、グローブもチームで揃うとカッコいいですね!

17806850_1270658063029335_730637875_n (960x680)

ヴィクトワール広島の皆さんが使用するのは、ダイレクト感を重視した「ロードスター」ですが、一方、4㎜ドクターゲルパッドを採用し快適性を持ち合わせた万能モデルの「EASYRIDER(イージーライダー)」も入荷しています。自分のライディングスタイルに合わせてアイテムを選択できるのは嬉しいですね。

ヨーロッパプロツアーチームのサポート実績もあり、世界的に人気ブランドの地位を確立しつつあるグリップグラブ。シーズンも本格化するこれからの季節、常にライディングを快適に保つためにもグリップグラブの着用をお勧めします。

最後に、今回ご協力いただいたヴィクトワール広島の皆さん、ありがとうございました!

 

【関連ページ】

GripGrabウェブサイト(日本語)>>>

GripGrab日本正規販売店サイト>>>

ヴィクトワール広島ウェブサイト>>>