リドレーニュース

第1ステージ

2017/07/02 09:01 AM

デュッセルドルフ(ドイツ)から開幕した第104回ツール・ド・フランス。

STAGE01_01_wellens

今年の第1ステージは個人TTでスタート。14kmを198名が競い合います。一昨年のオランダで開幕したツール同様に、ロット・スーダルにはTTスペシャリストはいません。ですので第2ステージの平坦ステージに向け体力温存する作戦なのか?など想像しながら見ていました。

そして、スタートとゴール地点が、どんな街なのなぁ~など思いネット検索する事も私の定番で、「ドイツなのに日本語だらけ!ヨーロッパNO1の日本街」など日本と馴染みがある街であることが分かり、なんだか嬉しく思ってました。

それは、さて置き、レースは、雨の時間が多く、すなわち路面コンディションが悪く、落車が発生する場面もありました。リドレーを愛用するロット・スーダルもリスクを制限しつつ、攻める必要があったそうです。

STAGE01_02_degendt

その中、ガロパンがコーナーデッキの1つにヒットし、柵に衝突。足首のケガが伝えられています。明日はテーピングで足首を固めスタートするとのことです。

一方、ウェレンスは、勝利したトーマスから32秒遅れで24位。

「ツールに参加できたことに嬉しく思う。雨の為、安全に到着する事をメインに置いたが、良いタイムでゴールできた。今の自分調子に満足している。」

悪天候にもかかわらず、コース沿道には沢山のドイツのロードレースファンがツールを迎えてました。これを見ていると日本にもツールのステージが来て欲しいなぁ~って思いますね。

STAGE01_03_roelandts

明日はベルギーゴール。プレッシャーもあると思いますが、グライペルでチームの勝利を勝ち取れるように応援です。

ゴーゴー!ロット・スーダル!

STAGE01_04_hansen

大記録に挑むハンセンのツールも始まった

STAGE01_07_greipel

表情が思わしくないグライペル。心配だ。