リドレーニュース

第3ステージ

2017/07/04 12:27 PM

中級山岳の第3ステージは、初めてフランスに移動します。

ベルギーのベルビエでスタートする212.5キロのステージは、ルクセンブルクを通過後、フランスのロンウィにゴールします。

STAGE03_04 (1280x853)

レース展開は、トーマス・デヘントのアタックを含む、多くのアタックから始まり、数キロ後にはアダム・ハンセンがバカールト、ブラウン、アルディ、ポリッツ、シカールと一緒に逃げ集団形成を成功させました。

STAGE03_02 (1280x852)

最大のアドバンテージは3分30秒で、逃げグループはプロトンから、それほど離れることは出来ません。

フィニッシュまで50キロの地点でプロトンは1分までギャップを減らし、トーマス・デへントはこれを使って、カルメジャーヌとペリションとともに逃げ集団を形成。

STAGE03_06 (1280x852)

すぐに追いついてきたアルディも加わりましたが、残り20キロ、そして残り10キロで、すべてプロトンに捕まりました。

プロトンのペースは、フィニッシュラインまで1.5キロの長い丘に向かって非常に速くなり、ピーター・サガンと彼のチームは最後の1キロをコントロールし、マイケル・マシューズとダニエル・マーティンに勝利。

ティム・ウェレンスとティエシ―・ベノートはそれぞれ13位と15位でゴールでした。この結果、ウェレンスは総合で9位にジャンプアップした。彼はゲラント・トーマスの32秒遅れです。

 

アダム・ハンセン

「レース前、ラルス・バク、トーマス・デヘントと私は、このステージで逃げにチャレンジする事を話し合った。トーマスはレースの初めに努力をし、その結果、私は集団内で休むことができた。その後、6人の素敵な逃げグループに参加したが、プロトンが勝利を目指していたことがすぐ分かり、その差は常に限られていた。

トーマスはカルメジャンとペリションと一緒に逃げグループに加わり、私はトーマスをできる限りアシストした。プロトンはトーマスとカルメジャンの能力を知っていたので、すぐにプロトンはパニックになった。

残念ながら、逃げグループは最後まで残ることができなかった。私たちは多くの逆風に直面したが、私は逃げ集団を楽しんだ。次のステージでは良い結果を出せると確信しています。明日、スプリント勝負で別のチャンスがあり、私はゴールでアンドレ・グライペルのアシストに最善を尽くす。私はとても気分がよく、この気持ちがツール・ド・フランスの残りのステージで続くことを願っている。私は残りのステージでもチャレンジするでしょう」

Text:Lotto-Soudal web

STAGE03_11 (1280x853)

STAGE03_12 (1280x853)
ベルギーにあるシルキュイ・ド・スパ・フランコルシャン サーキットを通過する

STAGE03_03 (1280x853)

ルクセンブルグを通過する逃げ集団

STAGE03_07 (1280x853)

プロトン内のグライペル

STAGE03_08 (1280x853)

デヘントの逃げはファンを魅了する

STAGE03_10 (1280x853)

グライペルのNOAH SLのみ特別ペイント

STAGE03_09 (1280x853)

空気抵抗軽減するリドレー独自のテクノロジー「F-スプリットフォーク」