リドレーニュース

第5ステージ

2017/07/06 10:28 AM

中級山岳に分類される第5ステージは、ヴィッテルからラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユまで160.5キロのステージで、初1級山岳登場。

デへントは、早い段階でベルギー人選手2人(フィリップ・ジルベール、ヤン・バークランツ)を含む8人の選手で構成された逃げグループに加わった。

STAGE05_07 (1280x853)

BMCはすぐにメイン集団の前方に位置取り、タイム差は3分30秒を上回ることはなかった。ゴールまで残り55キロ地点に3級山岳があり、 デヘントは2番目に逃げグループから脱落した。バークランツとジルベールは逃げを続けたが、総合を争うライダー達はラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユでの戦いを繰り広げ、ファビオ・アルが単独勝利を収めた。

ダニエル・マーティンは16秒差の2位でゴールし、さらに4秒遅れでクリス・フルームが3位を獲得。

べノートは1分43遅れの26位、ティム・ウェレンスは1分47秒遅れの28位でそれぞれレースを終えている。

ティエシー・べノート

STAGE05_01 (1280x853)

「非常に難しいステージだった。どこまで戦えるか楽しみにしていた。スタート前、私は全体のレベルがドーフィネよりも高くなっていると感じていた。私はもう少し長くついていきたかったが出来なかった。」

ティム・ウェレンス

STAGE05_03 (1280x853)

「BMCがペースを上げ、非常に速いレースだった。また、かなり暑かったが、うまく対処することができた。私がバークランツとジルベールが逃げていることを知ったとき、私自身が逃げに乗れなかったことが残念だった。しかし、デヘントが逃げに乗ったことは良いことだった。スタート前、逃げにチャンスがあると感じていた。私は最後の登りで早くに脱落してしまったが、良いペースを維持することができた。私は次の2つのスプリントステージの後でまた逃げに乗りたいと思っている。」

トーマス・デへント

STAGE04_02 (1280x853)

「今日はアタックすることは決めていなかったが、ライダーが集団から飛び出すのを見たとき、私は彼らのスリップストリームに入り込み、ギャップを広げた。 BMCは私たちにまったく余地を与えなかった。最高の一日を過ごすことはできなかった。吸収後はチームカーからボトルをもらい、プロトン内のチームメイトに届ける仕事もした。」

Text:Lotto-Soudal Web

STAGE05_02 (1280x853)

ツール初出場のティエシー・ブノート(ベルギー:23歳)

 

STAGE05_04 (1280x853)

STAGE05_06 (1280x853)

グランツール18連続完走に挑むアダム・ハンセン