リドレーニュース

第16ステージ

2017/07/20 13:40 PM

第16ステージは、逃げに乗りたい多くのライダーたちが非常に活発に動き、すぐに逃げグループが形成された。

STAGE16_03 (1280x853)

トーマス・デへントは数回アタックを仕掛け、最終的にスタートから15キロ後に他の4人のライダーとフロントグループを結成することに成功した。

最初の山岳でプロトンは2つに分かれていた。アンドレ・グライペルは、マイケル・、マシューズらと共に一つ目のプロトンに入っていた。マシューズのチーム(サンウェブ)がプロトンを牽引していたため、グリーンジャージのマルセル・キッテルは2番目のグループに入っていた。彼らはペースを上げ、デヘントらのグループは40キロ後に吸収された。その後、サンウェブがキッテルのグループを切り離すためにペースを上げた為、アタックはなかった。

ゴール地点では横風が強く、選手はエシュロンを形成する必要があった。ゴールまで15キロで、プロトンのペースが急速に上がりグループが分かれた。

STAGE16_01 (1280x853)

ティエシー・べノートとトニー・ガロパンは最初のグループに入っていた。マイケル・マシューズは、わずかな登りのラスト1キロで最も強く、彼はチームメイトに導かれエドヴァルド・ボアッソンハーゲンとジョン・デゲンコルブに先着しステージ勝利を収めた。トニー・ガロパンとティエシ・べノートは、スプリントの結果それぞれ7位と8位でステージを終えている。

STAGE16_05 (1280x853)

総合のトップ3は依然変わらない。次の2つの山岳ステージでプロトンはアルプスに向かう。

Text:Lotto-Soudal Web

第16ステージ

STAGE16_06 (1280x853)

プロトン内のベノートとガロパン

STAGE16_04 (1280x853)

ゴールするベノート