リドレーニュース

ジロ開幕事前情報

2018/05/04 10:58 AM

5月4日にイスラエルのエルサレムで開幕するジロ・デ・イタリアにロット・フィックスオール(ロット・スーダル)が出場。開幕前日にチームプレゼンテーションが開催され、出場する8名がステージに上がりました。

8

ベルギーのロット・スーダルはこのジロ期間中のみ限定的にロット・フィックスオールに名称を変更します。フィックスオールはシリコンや接着剤を専門とするスーダル社の多用途接着剤シリーズの名前。チーム名称の変更に伴ってチームジャージも変更され、赤い部分がフィックスオールのイメージカラーである青灰色(青色と灰色を混ぜた感じ)になりました。

出場メンバー
ティム・ウェレンス(ベルギー)
サンデル・アルメ(ベルギー)
ラルスイティング・バク(デンマーク)
ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー)
イェンス・デブシェール(ベルギー)
フレデリック・フリソン(ベルギー)
アダム・ハンセン(オーストラリア)
トッシュ・ヴァンデルサンド(ベルギー)

今年からグランツールの1チームの選手数が9名から8名に減少。ロット・フィックスオールのメンバー平均年齢は30.3歳(22チームの中で上から4番目)です。

エースを担うのは、チームと契約を2年間更新したばかりのティム・ウェレンス(ベルギー)です。

4

2016年大会の第6ステージ山頂フィニッシュで勝利しているウェレンスは今季ブエルタ・ア・アンダルシアで総合優勝するなど、1週間前後のステージレースで総合成績を狙うことのできるオールラウンダー。グランツールでは2014年ジロ総合54位が最高位。今年のジロでもステージ優勝を狙っていきます。

他にもラルスイティング・バク(デンマーク)やアダム・ハンセン(オーストラリア)がジロのステージ優勝の経験者(いずれも逃げ切り勝利)がメンバー入り。グランツール20連続出場(現在19連続完走中)という偉大な記録を更新中のハンセンにはスペシャルペイントのヘリウムSLXが用意されています。

2

9

TTスペシャリストのヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー)は初日のタイムトライアルでの成績に期待。フレデリック・フリソン(ベルギー)とイェンス・デブシェール(ベルギー)はジロ初出場です。

3

そしてチームカーのハンドルを握るのはバルト・レイセン監督。

グランツール史上初めてヨーロッパ以外の国で開幕する第101回大会は、イスラエルで3日間を過ごしてシチリア島へ移動。そこからイタリア半島を北上してドロミテやアルプスの山岳を走り、最終日ローマにてフィナーレを迎えます。

6

写真&レポート ©辻啓