スピードプレイニュース

NEWスタッフのインプレ

2018/06/26 12:01 PM

始めまして!新米スタッフの白石です。

突然ですが、新米ならではのインプレッションを定期的?に掲載したいと考えています。宜しくお願い致します。

DSC04134 (1280x865)

私は1年間 Aペダル・4年間 Bペダルを使用していましたが、その間ずっと膝の痛みに悩まされていました。

特にヒルクライムでアタックをかけた後などは激痛でしばらく歩けない時もありました。

そこで、スピードプレイは「膝に優しいペダル」と聞いていたので、以前から大変興味があり、この期に試してみることにしました。

クリートの取り付けは自分で行いましたが、取り付けてから一度もポジションの再調整もせず膝の痛みが解消されました。もっと早く使えばよかったと後悔しています。

スピードプレイの「フリーフロートシステム」は他社製品と違いスプリングの力を使って脚の角度を矯正しない為、膝への負担を軽減してくれているのです。

DSC_0068

スピードプレイ導入にあたり、1点だけ心配だったことがありました。

それはペダル自体の大きさが他社のペダルと比べ小さいことでした。

「こんな小さいペダルで力がはいるのか?」と半信半疑でペダルを取り付け、実走。

しかし、実走時ペダルの小ささは全く感じられず、逆にダンシングでトルクをかけながら坂道を駆け上がって行ってもパワーロスが無く推進力に変わっていると感じられました。

ペダル単体を踏むのではなく、大きいクリート自体がペダルになっているような感覚なので、しっかりと面で踏めている感覚は大変満足しています。

現在使用中のスピードプレイ専用シューズ「SIDI SHOT」との相性も抜群で、ペダルのカラーもたくさんあるので、愛車に合わせてカラーリングを変える楽しみもあります。

クリートをシューズに取り付けて初めて乗り出した時はクリートがうまくペダルにはまらなくて苦労はしましたが、クリートをペダルと水平にして真上から踏むように意識したところ、難なく装着できるようになりました。

また、慣れるとペダルの踏み面が両面なので、逆にペダルのキャッチミスがなくなりました。ストップ&ゴーの度に足元を見てペダルをはめるわずらわしさが無くなった点も嬉しいポイントです。

いろいろ記載しましたが、「本当に膝に優しい! ペダル小さいけどパワーロスなし! 水平を意識すればスムーズな脱着OK!」を伝えたいです。

着脱も非常にしやすい為、ビンディング未経験の初心者の方にも大変おすすめしたいペダルです。