リドレーニュース

NEWスタッフのインプレ

2018/08/08 14:05 PM

こんにちは!新米スタッフの白石です!

前回、琵琶湖一周ライドでHELIUM SLXの平坦での性能をもう一台の愛車、NOAH SLと比較してインプレッションさせて頂いておりました。前回>>>

HELIUMといえばやはり「登り」が得意な超軽量フレーム。その登坂性能について今回はインプレッションさせて頂きたいと思います。

IMG_8577 (1280x865)

今回インプレッションをするにあたり、六甲山ヒルクライムへ挑戦してきました。

六甲山ヒルクライムといえば関西ヒルクライマーの聖地と言われている場所でもあり、登坂性能をテストするにはもってこいの場所です。

IMG_8773 (1279x865)

まず初めに感じたことは、ダンシングの軽快感です。

NOAH SLでダンシングをして登る際は、しっかり体重を乗せながらグイグイすすんで行くような登り方をしていますが、HELIUM SLXは軽く左右に車体を振りながらテンポよくリズミカルに登ることが出来ました。

体重が55kgの私は体重をかけて登ってもあまり進まないので、出力を抑えながらもスイスイ登ってくれるHELIUM SLXの登りには感動しました。

IMG_8615 (1280x865)

勾配10%を超えてくるとシッティングに切り替えることにしました。

当然、登坂速度は落ちていますが、シッティングのみでも登りをこなすことが出来ました。

ただ軽いだけでなくしっかりとしたバネ感もあるので弾むように登ることのできる優秀なフレームで、この日も猛暑日で登り終わってから身体には疲労感がありましたが、足が売り切れることはありませんでした。

勿論、NOAH SLでもヒルクライムをこなすことも可能ですが、急勾配のヒルクライムやタイムを狙う場合は、是非HELIUM SLXをお勧めしたいです。

ヒルクライム対決はやはり登りのスペシャリストHELIUMに軍配があがる結果となりました。

今後HELIUM SLXを更に軽量化し、更に登坂性能に磨きをかけていきたいとおもいます。

一度乗ってみて頂ければきっと登りが楽しくなるので、是非一度乗ってみてくださいね!

 

IMG_20180804_173726_805

最近私が広めたいと思っている「#アレポーズ」をアレ仲間と一緒にしてみました。

アレライダーの皆さんも是非真似してみて下さい!