リドレーニュース

シクロクロスフレーム特価!

2019/01/29 11:12 AM

リドレーシクロクロス特価セール開始!!

シクロクロスシーズンも終盤に突入し、早くも来期のバイクの新調を検討されている方に朗報です。

2019リドレーX-NIGHT が、本日よりリドレー販売代理店にて特別価格で販売致します。

現状、弊社に在庫がある分のみでのご対応となりますので、詳細が気になる方はリドレー代理店へお問合せをお願いします。

jp19-07as

2019X-NIGHTは、現在強豪チーム、マーラックス・ビンゴールが使用するフレームと同形状のレーシングジオメトリーが採用されています。

マッドを含むあらゆるコンディションでの高い操作性や泥詰まり対策、更にはメンテナンス性に関してもチームから前面的なフィードバックを受けて開発されました。



強豪チーム、マーラックス・ビンゴールでは、今期シクロクロスベルギー選手権のブロンズメダリストのファントーレンハウトが、現時点でUCIシクロクロスワールドカップ9戦中、2位、3位の表彰台を含む10位以内6回と安定した走りを見せています。


更に今、最も勢いのある若手イゼルビッドは、2016年、2018年のU23世界チャンピオンを獲得している。

実はシクロクロスの本場ベルギーで誕生したブランド「リドレー」はこれまでも数々のシクロクロスチームに採用され、
常にレース現場からのフィードバックから製品開発を行ってきた歴史があります。

2006年、2007年のシクロクロス世界チャンピオン、ベルベッケンはX-NIGHTによりシクロクロスの第一人者としての地位を確立ました。

この頃、既に採用されていたシャープエッジデザイン剛性とエアロ効果を兼ね備えたは、リドレーのアイデンティティの一つです。

No5 (1280x960)
翌2008年には、U23世界チャンピオンにアルベルトがX-FIREで獲得。セカンドグレードながら、そのポテンシャルの高さを証明しました。


記憶に新しいところでは、スティバルが当時チームFIDEAで表彰台の常連として活躍。

2009-2010年UCIワールドカップシリーズで総合優勝や、世界選手権では、2008年と2009年の連続2位の後に2010年、2011年と悲願の連覇。

同じくチームメイトのウェレンスと共に進化し高剛性化とISP化されたX-NIGHTを愛用。


現在もリドレーに乗るパウエルズは、安定した走りで表彰台を量産。

2011-2012と2015-2016の二回のUCIワールドカップシリーズ総合優勝に加えて2016世界選手権での3位など、常にレースシーンをにぎわしていたのです。

彼は内装化を実現したX-NIGHTとX-NIGHT DISCを使い分けをしていましたね。


そしてこれからもリドレーのシクロクロスバイクはレースシーンと共に進化していきます。

Photo ©RIDLEY BIKES,©Kramon,©Bettiniphoto

【関連ウェブサイト】

リドレー正規代理店>>>

リドレーX-NIGHT>>>