スピードプレイニュース

U.ライトアクションの魅力

2019/02/01 12:17 PM

ニーフレンドリーで脚への負担が少なく、セッティングの幅の広さで定評のあるスピードプレイペダル。

ロードペダルのラインナップは主に選手御用達のゼロシリーズと、もうひとつウルトラライトアクションシリーズが展開されています。

今回はウルトラライトアクションの特徴を改めてピックアップしてみました。

Ultra Light Action Chrome Moly Red初めてのビンディングペダルとぴったり!

ロードバイクに乗り始めて、ビンディングペダルに挑戦する際には、是非ウルトラライトアクションシリーズを選択肢に入れてみてください。

 

その理由1

両面キャッチが可能!

ロードビンディングペダルで両面ペダル両面でビンディングが可能なのは、スピードプレイだけ。
実は発進時にその都度下を見てペダルの状態を確認するのは意外と大変。目線が下になるとフラフラしがちです。

でも、スピードプレイならペダルの表裏を気にせずクリートをはめる事ができます。

更にペダル本体とクリートに傾斜がつけてあり、自然に固定位置までセットできるように設計されいるので、
クランクの位置だけ確認して、下を見なくても、上からペダルの踏めばビンディング完了!で即スタート!

 

その理由2

イージーエントリー

ゼロシリーズと異なる専用設計のクリートとペダル本体の形状により、少ない力で確実なはめ込みが可能です。
体重の軽い方にもお勧めです。

 

その理由3

歩きやすいクリート

スピードプレイペダルのクリートはウォーカブルクリートと言う名前の通り、歩く事も考えて設計されているので、自転車から降りたときも安心。

ゴム製のカバーが初めから装着されており、特にウルトラライトアクションクリートカバーには滑り止め加工も施されています。

直接はめ込み部分が地面に触れないので、歩行による摩耗の心配も少なく、また、ゴム製のカバーがすり減った場合には、オプションパーツでカバーだけの購入も可能です。

Ultra Light Action Walkable Cleat all

 

その理由4

カラーバリエーション

ペダル本体のカラーが3色(ブラック、レッド、ピンク)展開されているので、ご自身のバイクやウェアに合わせてコーディネートを楽しめます。

11

その他にも、ゼロシリーズと共通のフリーフロート(膝への負担の軽減)ロースタックハイト(ペダリング効率の向上)、イージーメンテナンス等、優れたテクノロジーが搭載されているので、本格的に乗り込む方も納得の高機能ペダルです。

 

チャンネルはこちら>>>