The story behind the development of the Noah FastTaking aero to a new level

最高のフィッティングと共に最速のロードバイクをデザインする。これが ”ノアファスト”という有名なプロジェクトの目標でした。 このことを念頭に置いて、リドレー社の研究開発エンジニアは、空気力学の限界に臨むための最善の努力を払うことにしました。 この目標に向けエンジニアはまったく新しいアプローチを元に計画を進める必要があります。 これまで一度も行われなかった挑戦。 ノアの全く新しいストーリーが始まります。
私たちは、ノアを一から再構築し、すべてのバイクのパートの一つ一つを改めて見直ししました。 統合された個々のコンポーネントの結果だけでなく、個々に最適化されたパーツで全体を作成するという考えでした。 プロジェクトの初期段階では、さまざまなソリューションが検討されました。 私たちは、スケッチを元に3Dモデルを制作し、そこから可能な設計の方向性を決めていきました。 多くの時間を費やした後、最終的なデザインのモデリングとレビューは、遂にスケッチから現実な物として完成したのです。

リドレー独自の2つのテクノロジー”F-Tubing”と”F-Surface Plus”がノアファストの開発において重要な役割を果たしました。 以前のノアとディーンですでに採用されていましたが、このプロジェクトにおいては、フレームとフォークの接合部分において、さらに最適化され適用されたのです。


F-Tubing

適切なチューブ形状は、プロフェッショナルバイクの性能を決める重要な要素です。 つまりフレームの空気力学的性能はその最も重要な指標です。 F-チューブのプロファイルは、従来の涙形同様に垂直方向での気流の抜けを可能としますが、気流がある角度でチューブに当たったときに発生するドラッグの量を軽減します。 したがって、カットオフされた形状は、自転車の構造ベースラインを形成するのです。

TRADITIONAL NACA

これまでの伝統的なエアロシェイプは、垂直方向でのエアロダイナミクスにおいて優れている。しかし、ヨウ角が10度以上おいては空気抵抗が増加する。

TRUNCATED NACA

カットオフされた形状により、ヨウ角 15度以上の場合でもすぐれたエアロダイナミクス性能を発揮する。

F-Surface Plus

さらに気流の乱れ低減するためにF-Surface Plus技術が使用されています。 ゴルフボールのディンプル形状に似たテクスチャード加工を風の抗力を最も低減するため緻密に計算された位置に適用することです。 これらの微妙な溝は、空気の主な流れをチューブの形状に十分に追従させる小さな乱気流を作り出します。 フレームの周りを滑らかな空気の移動でライダーの空気抵抗を最小限に抑えます。 速度があがり相対的に空気の流れが速くなればなるほど、このテクノロジーの効果が発揮されるのです。

TRADITIONAL NACA

正面からの多くの空気を押し広げる為、空気抵抗が大きくなる。

TRUNCATED NACA

空気の流れを整えることで、エアロダイナミクスに優れる。

TRUNCATED NACA

常にチューブの側面に気流が沿って流れる為、ミニマムの空気抵抗を実現する。

F-Steerer

更にリドレー社は空気力学の面でさら一歩で前進しているのです。F-Steerer技術により、ボルトはカバーされ、すべてのケーブルがフレームとハンドルバーに組み込まれています。 これにより、バイクは美しく外観と空力抵抗は最小限に抑えられます。

Concept model

初期の設計として構築するためのベースモデルから、複数回のモデリングが不可欠です。サイズやチューブのセクションは常に変化します。 私たちは、”コンセプトモデル”を活用し、すべての技術的意思決定を検討していくのです。 このモデルは迅速に構築され、”CFD. 数値流体力学”および構造解析による検証だけでなく、設計コミュニケーションの手段としても機能しました。

CFD testing

CFD(コンピュータ流体力学)試験は、流体フローを含む数値解析とデータ構造を使用する方法です。 これは、フレーム周りの気流の解析と、それがどのように影響を受ける可能性があるかを開発者が検討する為、繰り返し行われます。

Fitting

空気力学の影響を考慮しながら、我々は常に最高のフィッティングを追及しているのです。 膨大なジオメトリファイルは、わずかな変化が全体的な人間工学に及ぼす影響を常に確認する為に保管されていました。 以下のX.Y チャートは、可能な組み合わせのスペクトルを示しています。 これは、すべての異なるハンドルバーのステムの長さと、スペーサーの設定を使用し、各フレームサイズごとに、センターブラケットからハンドルまで座標を視覚的に表したものです。 大半のプロスポーツ機材と同様にプロのロードバイクを設計する場合、人間工学が重要です。 フィッティング方法には、たった一つの解決策はありません。 2人のライダーは同じではなく、1ミリメートルごとにカウントされます。 私たちは、5種類のフレームサイズ、3種類のステアリングスペーサー、6種類のハンドルバーステム(それぞれ4種類のハンドルバー幅)を用意し展開しています。 これらの3つを適切に組み合わせて使用することで、ライダーが求める完璧にフィッティングされたバイクを組み立てることができます。

graph

3D prints

コンセプトモデルは開発を進めるにあたり、すべての仕様、ジオメトリおよびチューブセクションにおいて、最終的な生産モデルを作成することができました。 フランダースバイクバレー風洞施設においてフレームを最大限活用しにテストする為、様々なサイズの3Dプリントモデルが作成されました。 最終段階の風洞テストでは、究極のフレームコンポーネントの統合、シートポスト、フォーク、ステアリングで行われたのです。その 最終結果は部品統合における空気力学的損失はゼロであった。 そこで、当社の研究開発部門は、空気力学的損失を最小限に抑え、フレームとそのコンポーネントの周りの空気抵抗を最小限に抑えることに成功しました。

IMG
IMG
IMG

Wind tunnel tests

多くの仕様変更やセットアップの組換えが行われた後、設計は生産準備が整い、実際のテスト条件に備えて準備されました。 PIVテスト(PIV(粒子画像流速測定法)とは、Particle Image Velocimetryの略で、流体中に混入したトレーサ粒子の粒子画像により、2次元平面内の速度および方向を非接触で求めることができる流体計測手法)を使用して、最終的なバイクを風洞に設置しテストを行ったのです。

IMG
IMG
IMG

Tested by the Gorilla & launched in the Tour de France

その後、私たちの”ゴリラ”がバイクをテストする時間を十分に確保したのです。 グライペルは、スプリントの知識とパワーであらゆる面でこのバイクを徹底的にテストすることに専念しました。彼は集中的なスプリントトレーニングにおいて、ノアファストの限界を引き上げたのです。私たちのエンジニアはフィードバックを受け、実践的かつ最新のアップデートがノアファーストに行われたのです。
2週間の祭典ツール・ド・フランスでの発表を前に、私たちの技術部門は、グライペルをリドレー社から間近のゾルダーサーキット招き、最終テストを行いました。私たちのエンジニアが最後に聞いたのは、2回のペダルクリック音といくつかのタイヤのスキール音でした。周回でのラップ計測を行い、あらゆるコーナーで限界まで攻め込み、アンドレ・グレイペルはノア・ファストと文字通り、一体化し完全に把握したのです。彼はこのプロジェクトの結果に本当に驚いていました。最後に、テストされ承認され、Andr?Greipelという名前が付けられました。
ノアファストは、あなたをかつてないエアロダイナミクスの世界に連れて行きます。我々は間違いなく新しいレベルのエアロバイクを手に入れたのです。

動画: ノアファストとリドレーCEO、エンジニアそしてグライペルのストーリー

Discover the Noah Fast

NOAH FAST DISC NOAH FAST DISC
NOAH FAST NOAH FAST