ヴィクトワール広島 Vol.9

2018/10/19 14:05 PM

ベルギー遠征から戻った白川選手が9月のJプロツアー山口と群馬のクリテリウム2レースで魅せてくれました。

IMG_5595

photo:Itaru Mitsui

9月15,16日に行われたチームの準ホームレースとなる山口大会。

土曜日の秋吉台カルストロードレースは昨年5位に入賞した白川選手に期待がかかりましたが、完走者が13人という非常に厳しいサバイバルレースになり、16番手を走行中の谷選手が惜しくも残り1周を残して完走がなりませんでした。

IMG_5597

photo:Itaru Mitsui

翌日の山口クリテリウムでは落車が頻発するレースとなりましたが前日のリベンジに燃える白川選手がベルギー遠征での成長を見せ、今シーズンJprotourでチーム初トップ10となる8位でのゴールを果たしました。今シーズン好調の藤岡選手も落車に巻き込まれながらも12位でフィニッシュしています。

IMG_5594

photo:Itaru Mitsui

2週間後に行われた群馬大会は台風の影響で土曜日の前橋クリテリウムのみの開催となり、雨の中落車が激しいレースとなり途中中断のアクシデントもありましたがここでも白川選手が集中を切らさずトップチームに対抗し前方を位置取り孤軍奮闘で12位でゴールと、コンディションの悪いレースでも成長を見せました。

IMG_5592

photo:Itaru Mitsui

これまで白川選手はサバイバルのロードレースでの積極的な逃げに乗り最後まで行く走りが持ち味でしたが、ベルギーでの平地のレースで経験を積み、位置どりと平地スピードにも磨きをかけ走りの幅が広がりシーズン残りのレースの走りも楽しみです。

また、年間通してパフォーマンスを維持し続けている藤岡選手と復調の兆しを見せる谷選手にも残り少なくなってきた2018年ロードレースに最後の期待がかかります。

IMG_5596

photo:Itaru Mitsui

今月の選手紹介は異色のスポーツ歴を持つチーム最年長、43歳の藤川です。

今年は新しくタイムトライアル用のマシンを用意し新たな挑戦です。

IMG_5583 (1024x1024)こんにちは、チーム最年長の藤川です。私はもともとウインタースポーツ(モーグル)をやっていたのですが、やめてからブクブク太りだし、35歳のときに職場の先輩からもらったクロスバイクをダイエット目的で乗りはじめました。

その後、自転車を通じてたくさんの人と関わり、気が付けば競技志向になっており、現ヴィクトワール広島の中山監督との出会いをきっかけに登録レースに出場するようになりました。

そして昨シーズンからヴィクトワール広島で走らせてもらっています。

9月1日 JBCFチームタイムトライアルチャンピオンシップ

9月2日 JBCFタイムトライアルチャンピオンシップ

が開催され、今シーズンサポートして頂いているTTバイク、リドレー ディーンとFFWD(フロント:F9R、リア:DISC)の組み合わせで出場しました。

コースは栃木県渡良瀬遊水地5.3km×3周=15.9kmの平坦で直角コーナーが1箇所あります。

ディーンをレースで使用するのは初めてで、とても楽しみにしていました。やはり普段乗っているロードバイクとは別物で、タイムを出すためだけに作られたオーラを感じます。

フレームは若干硬めでかっちりしており、スピードをのせる加速が気持ち良く、高速巡航に入るとFFWDホイールの性能との相乗効果でスピード維持がし易いです。
またFFWDのF9RとDISCは存在感も半端なく、ディーンにとても良く似合っています。

そして驚いたのはコーナーが普通に曲がれることです。イメージ的にはもっと突っ張った感じで曲がり難いかと思っていたのですが、意外にスッと曲がれてしまいます。

IMG_5582

photo:Itaru Mitsui

見た目はスパルタンなディーン+FFWDですが、とても扱いやすいバイクです。

文句無しの格好良さと性能を合わせ持ったオススメのTTバイクです!