スピードプレイ ニュース

【SPEEDPLAY NEWS】

 

2012年スピードプレイのワールドツアーチームへのサポートはレディオシャックとサクソバンク、そしてリクイガスのようです。

12012351.jpg

コンタドールとバッソ

と言うことは今年はサクソバンクに移籍した宮澤選手も使用しているということですね。

使い心地を聞いてみたいですね。

 

【SPEEDPLAY NEWS】

 

こ〜ぢ倶楽部さんがスピードプレイの採用を決定していただけました!!

相沢康司からレポートが届きましたので掲載いたします。

 

スピードプレイの利点
【可能なポジション】

①ビンディングの可動域そのものが大きくなる。他社製品のバネで戻されることによるストレスがない。

★よって、脚をがに股・内股にした際に、余計な力を使わないで、ペダリングに集中することが出来る。

②取り付けの位置が前後でより浅く、(感覚的に約5MM以上)欧米人に対して、かなり骨盤の幅が狭い日本人にとって、左右でより内側に設定ができる。

【可能な技術】
○ペダリング時に、母し球でダイレクトに加重を微調整できる。

引き足が遠い軌跡を描いて使える。股関節の可動域が大きく、大胆な体重移動と、大きなペダリングができる。

○股関節・膝関節・足関節(足首)が無理なく連動しやすいために、殿筋(お尻の筋肉)や背筋までも発動し、回転がダイナミックでかつ、スムーズとなり、踏み脚のみになりにくく疲れにくい。

★ただし、踏み脚のみで完全に前よっかかり乗りの方は、逆に不安定になりやすい。やはり引き足重視のペダリング・ハンドルに頼らないどっしりとサドルにポジショニングをマスターできた方が、スピードプレイの良さを実感できる。

11122712.jpg

 

有難うございます。

 

【宇都宮ブリッツェンよりレポート到着!!】

 

廣瀬選手
SPEED PLAYを使用して2シーズン目を終えました。
2年間も使用しているので、ペダルの着脱やクリート調整は完ぺきにマスターしました。
今年は、ジャパンカップクリテリウムでSPEEDPLAYの凄さを改めて実感しました。
スタート直後の位置取りの争いが重要なクリテリウムで、SPEEDPLAYは両面どちらでもクリートを脱着出来るので、他チームよりも早く良いポジション取りが可能となりました。
また、180度コーナーでは、他メーカーよりもペダルを地面に擦りづらく、立ち上がりが圧倒的に有利で効率よくプロトン前方で走る事が出来ましたね。
最後はチームメイトの辻選手がスプリント争いで日本人最高位の4位に入り、宇都宮ブリッツェンとしては良いジャパンカップクリテリウムとなりました。
最近はSPEEDPLAYのユーザーも増えて来ていますよね!
イベントやレース会場で、良くスピードプレイを着用しているバイクを見かけます。
何だか仲間意識が芽生えちゃったりします。もちろん来シーズンもSPEEDPLAYを使用します。
実はスピードプレイ専用のクリートネジ穴が付いたレーサーシューズを使用します。
各シューズメーカーがSPEEDPLAY専用シューズを出して来ている所からも、本物のペダルって事が解りますよね。


増田選手
まず個人的な好みの問題にはなりますが、スピードプレイのペダルシステムはとても好きです。しっかりとした固定感(LOOKはクリートが減るとグラつく)、調整可能な首振り幅、クリート交換時にも位置が変わらないこと、踏んだときのダイレクト感が良いです。
僕は登りで勝負を掛けるので、いつか超軽量モデルも試してみたいです。


若杉選手
スピードプレイを使用して2シーズンを走りました。その中で、スピードプレイの長所を数多く感じてきました。
まず、ペダル本体とシューズの距離の近さです。これはペダルから伝わる力をダイレクトに感じとる事が出来るというメリットがあります。
次に、ペダル脱着の容易さです。スピードプレイペダルには機構上、裏表が存在しないためにペダルのキャッチが特に容易であり、裏表を気にせずペダルをホールド出来るペダルはスピードプレイが唯一です。
最後に、最もスピードプレイをチョイスするにあたりメリットになるであろう特徴は、ポジション選択の自由度と簡素さにあると思います。スピードプレイはクリート位置の深さ(シューズ上の縦方向)をチョイスした後、シューズとクランクの距離(シューズ上の横方向)を調整し、更にシューズの向き、振りの量(もしくは有無)を設定する事が出来ます。これにより、ペダル上でシューズがどの位置に固定され、どの向きに固定されるかの設定が非常に容易く、自分好みのポジションを導き易くなります。
しかし、これに伴って、初めてスピードプレイを使用する際には、このポジショニングの簡素さと自由度の高さに翻弄されてしまう可能性があるのでは無いかと懸念されます。スピードプレイペダルとセットで、初心者でもニュートラルなポジションに設定を出来る様なガイドを掲載した冊子がセットで付いていると良いのでは無いかと思います。


辻選手
昨シーズンから使い始めて慣れていたので今シーズンは違和感なく使う事ができた。
今シーズンはすぐにクリート位置を決めることができたのでセッティングは30分ほどでできた。
一度セッティングをすると次に交換するときは10分もあれば交換できるのでステージレースの期間中でも交換できることは大きなメリットだと思う。
クリートの減りもあまり感じる事がなく、1つのペダルと2つのクリートで1シーズン乗り切った。
理由としては注油やスムーズな脱着で消耗を抑えることができたと思う。
昨シーズン突然ベアリングが動かなくなり落車しそうになった。完全にグリースが抜けたまま使用していたためベアリングが破損してしまった。
選手はグリースの重要性を知っているが一般ユーザーはグリースが抜けたときに感じる「軽い回転」を「よく回る」と感じるかもしれないので同じようなトラブルを起こす可能性があるので、スピードプレイからリリースしているグリスガンで早めのグリース注入をお勧めしている。
ペダルの装着感は自然で違和感がない。シャフトに力を伝達する感覚がある。
振り角度を簡単に調整できるのは一番気に入っている機構で、スプリントを繰り返してもズレてくることはない。振り角度は少し違うだけてスプリント中にクランクでくるぶしをぶつけて怪我をすることがあるのでスピードプレイになってから思い切りもがくことができる。
他社ブランドから替えた当初は、なかなかしっくりくるセッティングができないと思う。位置が悪いのではなく、力の入力位置がシャフトの後ろ側なので、それに気づくまではしっくりこないと思う。このシャフトの後ろ側での入力位置も非常に考えらており、高回転時に足は斜めになっていき後方からシャフトに入力できのでパワーロスがないと思う。


初山選手
初めてスピードプレイのペダルを見たときは他社のペダルよりとても小さく、カラーが鮮やかでスタイリッシュで御洒落だと思いました。
ペダル自体は小さいながらも、ペダルとクリートの接地面積は十分確保されているようで、ペダリングのときにパワーがしっかりとペダルに伝わっているような感触を得ることが出来ます。
他社のビンディングシステムはペダルにクリートをはめ込む方式が主流ですが、スピードプレイはクリートの中にペダルをはめ込む形となっています。
そのせいか接地面積だけでなくペダルの表面からシューズのソールまでがとても近い構造になっています。
このおかげでより一層のダイレクト感をペダリングのときに感じることができるのだと思います。
そしてなによりもスピードプレイの特筆すべき特徴はクリート位置のセッティングの幅の広さでしょう。
クリートを前後左右と他社のペダルよりも大きく動かし、調整することができます。
クリートの位置でお悩みの方に強くお勧めします。
クリート自体がペダルの一部のような構造のためクリートは他社のと比べて少し値が張りますし、グリスアップ等の手入れが必要だったりしますが、一度使っていただければ気に入っていただけると確信しております。


レポート有難うございます。
スピードプレイのフリーフロートシステムにより膝への負担が少なく選手自身が考えている以上に膝を守っていると考えています。
長く競技をするにあたり、体の事を考えているのもスピードプレイの特徴だと思います。


11121101.jpg

【本日入荷】

 

本日、思ってた以上に早く到着しました!!

 

SPEEDPLAY NEW カラー SKY BLUEです。

サクソバンクのコンタドール達が使用するカラーです。

初回便は完売しました。最終便は12月中旬予定。

是非チェックしてみてください!!

11112231.jpg

(左)ステンレス53mmシャフト 18,690円 (右)ステンレス50mmシャフト(日本限定) 21,000円

 

 

【限定SKY BLUE】

 

今シーズン中にサクソバンクが新しく使用したカラーです!!

11111721.jpg限定でステンレスシャフトZERO SKY BLUEを販売いたします!!

価格18,690円

また、ご要望が多かった日本限定50mmステンレスシャフト(通常は53mm)も、このカラーで限定発売いたします!!

価格21,000円

 

入荷予定12月です。

11111722.jpg

注)サクソバンクのクリートカラーはホワイト(テスト中カラー)ですが、限定販売されるクリートはイエローになります。

 

 

 

【サイクルモードで】

 

サイクルモードで宇都宮ブリッツェンの辻選手がジェイピースポーツグループブースにご来場いただきました!!

 

そこで少し話をしたのですが、スプリンターの辻選手にとってスピードプレイはとても気に入って頂いている様子です。

その中で私たちも新たな発見できました。

 

通常のペダル回転時はおおまかにこんな感じで力が入ります。

11110902.jpg

シャフトに近いのでパワーロスしません。

しかし速度が上がるとペダルが斜めになり、

11110903.jpg

こんな感じになります。

スピードプレイは斜めになった時でもペダルのツメでパワーを受け止めシャフト位置にダイレクトに力を伝えるのです。

ここのツメです。

11110905.jpg

多くのペダルは11110904.jpg

シャフトから離れた前方に力が入りパワーが分散してそうです。

また一つスピードプレイに良さがわかりました!!

 

【スピードプレイ シザー サンプル】

本日スピードプレイからサイクルモード用シザーのサンプルが到着しました。

早速 インプレ と思い箱を開けると、片側のみ・・・・・・

しかもクリートが右でペダルが左・・・・

11102801.jpgまだ、改良があるのでしょうか??

今のところ入荷予定は1月になっていますが、昨年の件もありますので、詳しく詳細が確定してから発表致します。


 

でも良い感じのペダルですね!!

ペダル側は通常のマウンテンバイクペダルと一見一緒のようですが、スプリングが前側に着いています。
通常、後側のスプリングの場合、引き足の時の負荷を考慮しスプリングレートを強くしています。それらを避け前側に移行させ膝への負担回避やイージーで確実な脱着を実現しているのです。
またグリスホールもありメンテナンスも容易ですね。

11102803.jpgクリート側はスピードプレイ独自のフロートシステムを採用し0℃~10℃を無段階調整できます。このフロートが大切ですね!!
また、クリートの形が独特でペダルとの接地面積を広げ安定したペダリングが可能です。

やはり!!すごいですねSPEEDPLAY。
早く試してみたいですね。

サイクルモードで展示予定ですので、是非チェックしてください。

1102804.jpg

 

 

 

【ロード世界選手権2011】

エリート男子タイムトライアル 2位にブラドレー・ウィギンズ(イギリス) 3位にファビアン・カンチェラーラ(スイス)です!!

カンチェラーラはレオパードなので、SPEEDPLAYですが、なぜウィンギス?と思われると思いますが、スピードプレイ使っているみたいです。

11092221.jpg

 


 

【日本提案商品決定】

 

ついに決定しました。

ゼロステンレスシャフト50mmです。

通常は53mmですが、小柄な方用のシャフトを出してほしいと要望を受けていました。

今回数量限定でBLKカラーのみ特別使用で入荷してきます。

価格は税込21,000円

通常より2,310円高くなるのですが・・・・

Zero SS Black and Cleat.jpg

 

 

【ユーロバイクショー2011】

 

ユーロバイクでのスピードプレイブースです。

11090431.JPG

おなじみになってきたディスプレイ。

11090432.JPG

各アイテムが展示されている側面

そして気になる新商品は

11090433.JPG

生産延期され待ちに待っていたスピードプレイニューMTBペダル

11090434.JPG

11090435.JPGロードペダルからのテクノロジーを多く採用しています。

クリートは当然

11090437.jpg

フリーフロートでスピードプレイの膝への負担軽減が劇的です。

 

   

< 前の10件  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12