クッシュバーテープ インプレッション
~雑誌社、メディアさん~
【ファンライド編集長 細沼さん】
蛍光カラーがカッコいい。これまでの蛍光カラー製品は、派手すぎて使う気がしなかったが、このスパカズは別。絶妙な色合いで、素直に使ってみたくなる。3層構造のテープは、伸縮性に優れていて巻きやすい。巻き上がりはクッション性が高く、個人的に好みの仕上がり。テープを引っ張りながら巻けば、薄手でダイレクトな感触にもできるという。表面は、しっとりしていて滑りにくい。見た目だけでなく、作業性、機能性が高い。新しいバーテープだ。
【シクロワイアード編集長 綾野さん】
まず色使いの新しさがいい。フレームカラーとのマッチを選ぶけれど、少し古いバイクでもスパカズのテープを巻けばいきなり若返らせることができそうだ。しっとりした握り心地は掌にとても優しく安心感がある。私はなるべくグローブ無しでハンドルバーをがっちり握りたい素手派。その場合でも手を痛めずにダイレクトな握り心地を長く楽しめそうだ。濡れてもグリップが良いそうなので、冬場のシクロクロスにはとても良さそうだ。
【シクロワイアード 山本さん】
強く引っ張りながらハンドルバーへ巻きつけてみても切れる気配がないほどに引張強度が高く安心して作業出来た。曲がりのきつい部分やブレーキレバー取り付け部周辺などにもしっかりと追従してくれるため綺麗に巻ける。ポップなカラーと高級感のあるスタープラグで、やや高価なお値段にも納得できる。陶器などの緩衝材として使用される薄手のスポンジの様な非常に独特な感触だと感じた。握った際の弾力感は適度にコシがあり、荒れた路面を走ってみると大きな振動のみを吸収しながら、適度にロードインフォメーションを伝えてくれる。表面はしっとりしていて、吸い付く感じだ。
【サイスポWEB編集長 中島さん】
『巻きやすさ』非常によく伸びるので巻きやすいです。バーテープの伸びと一緒に粘着シートもちゃんと伸びるのもいいところ。やや粘着力が強いので、まき直しがしづらいかなという印象もあります。ただ、ずれにくさを考えた場合、妥当な粘着力なんだと思います。それと、バーエンドがねじ止めになっているのはいいですね。ただ押し込んでいるだけのものだと、ぶつけたときに外れやすかったり、輪行のときに抜 けてしまったりということがあるので、これなら安心です。『見た目』つや消しの見た目は、フレームの塗装でも増えてきていて、最近の流行なのでかっこいいですね。派手な色でもマットな表面であることによっていやら しくなく、好印象です。『グリップ感』かなり強烈。個人的にハイグリップなバーテープといえば「リザードスキン」を使用していました。リザードスキンがしっとり系のハイグリップなら、 スパカズはさっぱり系のハイグリップバーテープですね。
【サイクルスポーツ 松本さん】
ソフトな手触りなので、擦れて表面が剥がれたり、雨上がりでぺたっとしたときにすぐ乾いてくれるか、そんなところが使う前に気になっている点です。巻いたとき、伸びるので巻きやすかったです。力を入れて巻くクセがあってたまに引き千切ってしまうのですが、スーパースティッキーKushテープは安心して巻いてゆけました。プラグは、抜けそうもなくて、うれしいです。とりあえずの印象はすごく良いです。
【サイクルスポーツ 石川さん】
伸縮性に優れた素材ですごく巻きやすく自分の好みの固さに巻く事ができます。走行前は、固めに巻くのが好みの自分に取って、モチモチ感が強い感じがしたため、かなり引っ張って巻いてみました。走ってみると程よい弾力感が保たれていて、振動吸収性も抜群でした。グリップエンドのキャップはボルト固定で、走行時に振動などで抜ける心配はないです。さらに他にはない高級感があり、細部までファッショナブルなバーテープです。今回ホワイトを使用しましたが、豊富なカラーバリエーションの中には、ツートンカラーのものもあり、他のカラーも使ってみたいです。
【バイシクルクラブ副編集長 山口さん】
『巻いてみて』素材がしっかりしていることで、伸ばしても千切れないため、厚みを調整しながら巻くことができる。さらに通常の両面テープではなく、失敗しても粘着剤を使っているため修正がしやすい。エンド部分がアルミ製のネジ止め式なので取り付けやすく、高級感がある。『使ってみて』どちらかといえば厚みだが、巻き方によっては薄く調整できるので、好みにあわせて巻き加減を選べる。べたつく感じもなく、握るとグリップする自然な感じが好印象。レバーのブラケットの素材に近い握り心地だ。ズレが少なく、安心してにぎることができる。
~プロショップさん~
【なるしまフレンド 神宮店長 藤野さん】
早速自分のバイクに巻いて、既に500Kmの距離と、悪天候下でのレースにも使用しました。グリップ力は優れているのですが、他のハイグリップをうたうバーテープに比べると、手に喰い付き過ぎず、例えば、ウェット時でのブレーキング等、微妙に手の位置をずらしたい動作にもストレスなく対応でき、絶妙なグリップ感。私は下ハンを薄手、上ハンは厚手に巻く事で、スプリントでのダイレクトな握り心地と、リラックスポジっションでの振動吸収性の高さを使い分けています。
【なるしまフレンド 立川店長 小西さん】
巻きやすさ:素材が均一に伸び、ムラが出来にくく、非常に作業しやすい。『小西』 
握り:適度なクッションがあり、尚且つ、厚くなり過ぎない。グリップは、雨天でも使用してみたが、これといった長所は無いように思う。『小西』 手のひらへの馴染みが良い。『岩島』 バーエンド ネジ止め、アルミキャップで高級感がある。『小西/岩島』 適度なグリップが素手で握る際に掌がが痛くなりにくい。『岩島』 エンドテープがバーテープ素材【リザードスキン】の様であれば、仕上げが良く、さらに高級感が出ると思う。『小西/岩島』 肌触りが良く、クッション性、グリップも程よく、『小西/岩島』 共に気に入って使用中です。
【ミソノイサイクルさん】
そもそも私は薄手のテープが好みなので、今回のテープは1.5~2倍程伸ばして巻きました。大変に伸びがあり柔らかいのでブラケット巻きの処理もスムーズに巻けました。ハンドルはクラッシックタイプの400mm幅ですが、55cm程度のテープが残りました。それでも弾力性はかなり有り握った感じも手に馴染む感じです。また、嬉しいのはバーエンドがボルト固定タイプのエンドアルミ製でポロリと取れてしまう事が少ないでしょう。特に競技においてはエンドキャップの装着は厳しいので助かります。そして走行してみました。握りは多少厚めかな?と思いましたが強く握るとグリップが増し、本来細身が好みの方でも問題なく掴めます。また軽く握っても、かなり引っぱて巻いたにもかかわれずクッション性も良く特に下ハンドルを持っても手首が疲れない柔軟さには驚きました。今までは「フィOOーク」や「リザOOOキン1.8mm」など好んで使用していました。トラック競技でも使えますね!
【ワイズロード池袋チャーリーさん】
展示会の時に紹介いただいたときは、自分の好みのバーテープとは全く逆の印象でした。どちらかというと、私の好みはコットン系のさわり心地でダイレクト感のある薄めの物が好みなのです。JPさんの熱弁に押され、使ってみることにしました。巻いてみた印象はとにかく巻きやすいです!伸縮性もあり、自分の好みと相まって、少々きつめに巻いてみましたが切れる事無く綺麗に巻くことができました。使ってみた印象は、しっとりとしたさわり心地でグローブ無しでも良い感じです。普通のバーテープならば、汗や雨で濡れると滑ってしまいますが、しっかりとしたグリップ感が確保されています。特にこの安心感は、上級者はもちろんの事、初心者にもお薦めしたいポイントだと思います。とにかくバーテープとしての完成度は高い商品と思います!耐久性はまだ、分からないですがこの感じだと長持ちしてくれそうですね~!今後が楽しみです。一つだけ難点を上げるならば、カラーかな?綺麗なのですが、日本人には少々ポップ過ぎるような気がします。
【ワイズロード新宿カスタムさん】
しっとりした質感に加え程よくグリップするので、触れた時のフィーリングがいいですね。個人的にはもう少し薄目でも良いのですが、一般的に求められる薄目から厚目までの範囲をテンションで調節できるので、ユーザー様にもお勧めしやすですね。
【ザ・プロトンさん】
握った時にシックリとくる。手に吸い付く様な、今までにないフィーリングです。作業性に関しては、伸縮性があるので、綺麗に巻きやすい。パッケージは、もっとシンプルな方が万人受けをすると思う。
【ライドワークスさん】
近頃増えている複雑な形状のカーボンハンドルバーにも、しっかり伸びるので巻きやすく、厚さも調節できるのが良いですね。雨の日でもグリップ力を失うことなく滑らずに安心して使用できるのは、シクロクロスにもお勧めしやすいポイントだと思います。耐久性に関しては、通常使用での雨天も含めた300km走行で綺麗ままなので、高いと思われます。少し気になった点は、壁等の硬い物に自転車を立て掛けると、どのバーテープも擦れてしまうのですが、スパカズは鮮やかなだけに擦れが少し目立つ気がするといったとことでしょうか。
【サイクルファクトリーアライさん】
引っ張りの強さによって、厚さが調節できるので、薄目や厚目と言った好みにも対応できるのは、このバーテープを使用するメリットですね。触り心地もしっとりとした質感でクッション性もあるので、素手でも使用できるのもいいですね。
【セオサイクル新松戸店さん】
テープが伸びやすく巻きやすい。また適度な粘着性でずれにくい上に、剥がしやすいので巻き直しがやり易いです。テープを伸ばすことでテープの厚みをハンドルの下の方は薄くし、上の方を厚くする等の調整が出来るところも良いです。耐久性もありそうで個人的にも満足できるレベルと感じました。
【ショーワさん】
滑りにくく、EVAフォームで触り心地、衝撃吸収性に優れているのに、そんなに厚くないので非常に握りやすいバーテープですネ。
【ワイズロード府中多摩川さん】
まず薄めのテープで、ハンドル形状がそのまま手に伝わってくるので、特にアナトミックハンドルとの相性が良いと思いました。またハンドルに巻き付ける際、引っ張りに強く千切れにくいので、安心して巻きつけ作業ができました。クッション性は内部のGELの効果か、薄めのテープながら良いと感じました。しかし、GELでハンドルに貼り付けているので、中で遊んでしまい、しっかり固定できないので、もっと接着力が欲しいところ。テープ表面のグリップも、もう少しあると良いと思いました。
【三沢自転車商会さん】
  • 伸びるので巻きやすい。
  • グリップ、振動吸収性良好。
  • 他社の薄手バーテープ程は薄く巻けない。
  • 重量が重い。率直な意見です。
【大福屋さん】
  1. 巻きやすさ:伸縮性があって皺にならず、強く引っ張っても切れることはなさそうでした。粘着テープが強力なので巻いてからずれることもないでしょう。ただ、強すぎるので、途中で巻直すと、テープ同士がくっついて破れそうでした。仕上がりは綺麗です。長さも十分でした。巻き終わりをはさみで斜め切りするときも切り口が綺麗です。
  2. 触感:グリップ良好、クッション性もあります。レースなどで強く握ったり、こじったりするとグニュッとした感覚は力が逃げるような感じも少しありました。素手、グローブどちらでも快適な走行ができそうです。
【関東自転車さん】
取付作業:非常によく伸びる!スタート部分をしっかり押さえておけば相当引っ張れるので、テープの厚さを自由にコントロール出来るのがすごい。テープ裏面のシリコンでハンドルに密着させているので両面テープと違い何度でも巻き直しが出来る。内拡式のバーエンドキャップはアルミ材を使っていて高級感がある。
使用感:通常使用しているSILVAモルビダンフォレロやチネリコルクラップと違ってしっとりした握り心地。このフィーリングは当然、慣れない。しかし、手が滑ることは無いので荒れた路面を突破する時なども手のポジションが不意にずれる事が無い。おそらく使い慣れれば理想のテープだと思います。
【あかざわ輪店さん】
握った感じは滑りにい。ジェルのおかげで衝撃吸収性もあって感触は良いです。伸縮性があるのでテープを巻くときにブラケット部分がしわにならないので綺麗に巻ける。テープを伸ばして厚みを調整できるのは今までにないテクノロジーで、ハンドルの場所によって厚みを変えることが出来るのが良い。サドルと同様に直接触れる部分なので予算をかけてでも高品質な物を選択した方がいいとユーザーには進めています。
【ガラージュ高井戸さん】
握り心地はピタッとくっつくような感触で滑らなく良いです。テープ自体が延びやすく巻きやすい印象を受けました。
【オーバードゥさん】
伸びやすく、ハンドル形状に合わせやすいので、巻きやすい印象でした。接着面にテープの代わりにシリコンを使用しているので、巻き直しにも対応しやすいと思います。テープの長さが十分あるので、フラット形状のハンドルにも余裕を持って巻けるのもいいと思います。また、クッション性も高いので、ロングライドやシクロクロスにもお勧めですね。ただ、バーテープについた汚れを取る際にパーツクリーナーを使用したりすると、上層と中間層の間が一部浮いた感じになったので、注意が必要かもしれませんね。
【チクリヒデさん】
バーテープが良く延びるので巻きやすい。握った感触は滑らなく凄く良いと思います。ただ個人差はあると思うが、少しテープが厚いように感じました。
【マウント・ブルーさん】
とても巻きやすいです。表面がキレイで触り心地も良く、クッション性もあり握りやすく良いですね。汚れを拭き落せるような素材なので長期間使えそうです。
【MODEL-Tさん】
元々レザーの質感が好みでしたが、スパカズの質感もシックリときます。ロングライドでも疲れにくいのもいいですね。巻いた感じも程よい厚みでスッキリとした見た目に仕上がります。テープの代わりのシリコンを含め伸びるので、力を入れやすいので巻きやすいですね。
【バイクショップ スネルさん】
バーテープの感想ですが、まず巻きやすい!ここは重要だと思います。ユーザー様で、簡単に巻き替えられるというのは重要な要素だと思っています。あと、巻き方次第で、お好みの厚さに調整できるところも良いですね。使用感は滑りにくく、手になじむ感じで、ライディングに集中でき、長時間乗っていても、手がしびれるような事もないです。 これが私の感想です。
【バウンスさん】
クッション性がちょうど良く、さわった感じも素手で使用したい程握り心地は好印象です。シクロクロスのレースで使用するにも向いていると思います。そしてテープも凄く巻きやすい。エンドキャップがボルトで固定でき、外れないのもいいですね。それなりの価格になりそうだが価格に見合った性能があると思います。
【サイクルキューブさん】
  • ソフトな握り心地で厚めの素材のためクッション感が良い。
  • 表面も滑りにくく手になじみやすい。
  • スプリント時など力を入れて握った時は、適度な反発力をもって薄くなるため非常にグリップ感が良い。
【SpringWind230さん】
  • 非常に柔軟にできており、かなり引っ張っても破けることはない。
  • 模様がおしゃれで女性にも受けそう。
  • やはり薄目を好む方には、ちょっと厚い気がします。
  • 雨に濡れた場合を想定して濡らしてみましたが、思ったほど、滑ることもなく雨天時でも使えそうです。
  • プラグに関してもねじ止めになっているため安心です。
【サイクル工房B.Bさん】
まず、伸びやすく巻きやすく、下の層がテープでなくシリコンなので、巻き直しもきくのが、ユーザーにもお勧めしやすいと思います。握った感じは、しっとりとした感じで、汗などで濡れてもグリップ感が保たれますね。あと、パッケージも目立っていいと思います。
【バイシクルセオ上尾イースト店さん】
テープ自体にかなりの伸縮性があるので適度に伸び巻きやすかったです。かなり強めに引っ張ってもしわが出来にくく見た目も良い感じです。通常、GEL入りは握りが太くなるため使用しないのですがこちらのテープは引っ張り具合によって調整が効くのでGELが入っていても細く薄くなりました。握った感じも適度に弾力がありハンドルをじかに握っているかのような振動がなく快適です。と言ってもまだ通勤の往復10kmぐらいしか乗っていないのでもう少し乗りこんでみたいと思います。
【ワイズロード志木さん】
滑りにくくていかなる状況でも保持が出来き、安心感があります。クッション性も非常に良く、薄め巻いても十分にある。雨の日にも使用してみましたが、今まで使用した他社のバーテープに比べホールド性は一番あると感じました。3日程使用してみましたが耐久性に関しても大丈夫と思います。
【カワサキ乗物デパートさん】
200km程使用してみましたが、個人的にはネガティブな要素はありませんでした。バーテープの厚みを薄く巻いたり太く巻いたり調節が出来るところが良いですね。クッション性が良い分、少し柔らかいと感じましたが、薄めに巻けば好みに合わせられるので問題ないでしょう。普段グローブを使用しないのですが汗をかいても手が滑らずグリップしてくれます。
【カナガキ横川店さん】
バーテープを巻いた感想としては、巻くテンションに応じて好みの握りに調節しやすく、非常に巻きやすかったです。実際に自転車に乗った感想としては、手への食いつきが非常によく滑りにくいので良かったと思います。
【なるしまフレンド代表 鈴木さん】
しっとりとした握り心地、そして手に張り付き過ぎないグリップ感、上質なバーテープですね。 カラー展開に関しては好みが分かれるでしょうが、このくらい個性的なのも良いのではないでしょうか。 巻きに関しては、伸縮性が高いのでとても巻きやすく、ブラケット部分なども綺麗に仕上げる事が出来ます。 厚さの調整もしやすいですし。これもこのバーテープの売りですね。 ただ、基本的には超薄く巻く事は出来ないのと、素材自体のクッション性もあるので、ダイレクトにハンドルにタッチしているようなカチッとした感じが好きな人にはちょっと柔らかいでしょう。 あとは消耗品として考えると、価格がもう少し手頃だといいかなと。
【ワイズロード上野アサゾーさん】
作業感
  • とても伸びて巻きやすいです。
  • 普通に巻くと凸凹になりやすいが、時間が経つと不思議と落着く。
  • 伸ばすと平らになり、様々な巻き方に対応します。
使用感
  • 一言で言うと癒し系バーテープ。
  • とてもソフトでしっとり感がある。
  • ショック吸収性は良好です。
  • まだ数日しか使用していないが耐久性も問題なさそうです。
【ワイズロード船橋さん】
表面は人工革風な感じで汚れが付きにくい感じです。良く伸びる素材で、薄目・厚目などの好みの感触で巻けます。 クッション性が良く路面の状況を伝えつつかなりマイルドな感じにしてくれます。握りこむと硬めのゲルを掴んだように少し埋まる形でグリップが出来ます。表面は割とつるつるしてるので摩擦と言うよりは形状でグリップがある感じです。
ウェット時。 表面がつるつるしてるので軽く握ってるだけだと少し滑る感じがあります。雨でもがっちしグリップ欲しいという方には少し不向きかもしれません。ただ握りしめるとめり込む形になるので通常レベルのグリップは確保できます。水分すってぬるっとなることもなく触り心地はいい感じです。 ロングライドや荒れた道でのレースなどクッション性が必要な状況に向いていると思います。
またカラーが豊富で、特にビビットカラー系が多いのでカラーコーディネートにもいいと思います。
皆さん!お忙しい中インプレコメント本当に有難うございました!

トップに戻る