Innovation

HJCテクノロジー

日々、私たちの熟練したエンジニアは、お客様のニーズを常に満たすため独自に強化されたテストをおこなっています。最高品質の基準を満たすために、当社のすべての製品は厳しい試験の手順を受けています。また、最高レベルの性能を達成するために、段階的な空気力学的試験は、製品を使用した試験状況と並行して、当社独自のHJC風洞試験所で実施されています。最適化された快適性とフィット感は、HJCのヘルメットにおいて必要不可欠な部分です。HJCヘルメットのデザインと設計は、より良いフィッティングのために、実際の頭部の形状のレーザースキャンに基づいています。これらに加えて、HJCヘルメットは安全性と保護に関する国際試験基準の上限までテストされています。更に既存の試験基準とされる数値を超えても問題ないよう、HJCの社内テスト施設には、空力・安全性・性能の最適なレベルを達成するための高度なテスト設備が備わっています。

spacer

風洞施設でのテストに基づく
エアロダイナミクスデザイン


エアロダイナミクススデザイン

長年のMotoGPレース用ヘルメットの設計による経験により、HJCのデザイナーやエンジニアはエアロダイナミクスと空力的に優れたヘルメットを作ることが出来ます。ヘルメットの形状をスピードや空気抵抗とうまく調和させる為には、気流の特性に関する長年の理解と知識が必要です。私たちは長年にわたる伝統を持つHJCの製品に、エアロダイナミクス効率の基準を設定しています。


風洞実験施設

HJCヘルメットは、最高品質の基準を満たすために、実際の現場だけでなく、実験室でも常にテストがおこなわれています。HJCは、エアロダイナミクス、ベンチレーション、ノイズなどをテストする独自の最先端の風洞施設を備えた数少ないヘルメット会社のひとつです。オートバイレースで培った技術をハイエンドの自転車用ヘルメットに適応させるにあたり、HJCの風洞実験施設では、さまざまな乗車条件での数値を計測しています。

spacer

最適化された
エアロダイナミクス


進化したベンチレーションシステム

最大のベンチレーションを成し遂げるために、ベルヌーイの定理(※)の技術的な適応がエアロモデルに適用されています。一般的に、ヘルメット表面の空気の流れる速度は、後頭部に従って速くなります。ヘルメット外部と内部の圧力の差により、ヘルメット前面のインテークから入った冷たい空気は、ヘルメット後部の排気口から排気され、ライド中の最適なベンチレーションを得ることが出来るのです。

※ベルヌーイの定理
  1. 流体エネルギー保存原理は、流体の位置エネルギー、運動エネルギー、および圧力エネルギーの合計が一定であることを述べている。
  2. 流体の動きが増加すると、圧力が低下する。よって、流体が通過する断面積が小さくなるにつれて、流体の移動速度が増加し、圧力が減少する。
spacer

高度なベンチレーションシステム

HJCヘルメットは、風洞試験の分析結果を用いて設計され、開発されています。すべての側面において乗車時にHJC FURIONのベンチレーションに関する数値がすべての競合他社を上回ることが試験結果によって証明されています。

system-graph


少ない空気抵抗

HJCヘルメットは、空気抵抗を最適化するように設計され、開発されています。競合他社の製品と比較して、HJC FURIONは空気抵抗の試験において最も良い数値を記録し、7%ものエネルギーをセーブすることが証明されています。

CHART1
CHART2
spacer

安全性と快適性


進化したエアチャンネルシステム

ヘルメット内部の理想的な空気の流れを追求してデザインされています。 ライダーの速度に応じて、ヘルメット前面のインテークより一定量の空気が入り、ヘルメットの内側を通り、ヘルメット内側に沿って後部の排気口から出ます。空気がヘルメット内部を通る最適なベンチレーションによって、乗車中に発生した熱から頭部を冷却するのに役立ちます。

safety


ヘルメット内部の補強構造

EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)のヘルメット本体には、衝撃が加わった場合にヘルメットの構造を結合するように設計された骨格フレームが埋め込まれています。骨格フレームは、ヘルメットの形状を保つだけでなく、衝撃に対しての補強も担っています。

safety


インモールド構造

インモールド構造とは、構造面の強度をより高めるために、EPSのインナーシェルを外側のポリカーボネートシェルと結合する方法です。シェルとEPSを結合させることにより、最小限の補強で保護性能を高めることが可能になり、また、製品の仕上げも綺麗になります。

safety


ポリジン

すべてのヘルメットには、特殊ポリジン塩化銀粒子が組み込まれています。ポリジンには抗菌性があり、バクテリアおよび菌類の増殖を排除する能力があります。また、この効果は永続的に続きます。ポリジンは天然成分であり布に縫い込まれている為、洗い流されることはなく、長期間の匂い対策が可能です。また、皮膚に影響を与えることはありません。

polygiene1
polygiene2

超軽量

HJCヘルメットは、軽量化を実現するべく設計され、精密に開発されています。最適化された厚み、密度、配置および成形、ならびに材料および部品は、すべてが軽量性に優れる構造に寄与しています。私たちのエンジニアは、美しいデザインを保ちながら可能な限り軽量なヘルメットを作ることに常に努めています。日々、限界を破り、インスピレーションを得たデザインで製品の安全性、快適性、軽量化を進める方法を見つけることに専念しているのです。

feather
spacer

3Dレーザーによる
頭部のスキャン


3Dレーザーによる頭部のスキャン

広範囲の民族や性別のさまざまな頭のサイズや形に合うような、精密に設計されたデザインのために、多くの人々の頭部の形状が3Dスキャンされ、分析されています。最適な快適性に近づくために、この3Dスキャンデータを使用し、HJCの設計者とエンジニアは3つのシェル構造を使用して最高のフィット感を実現します。

scanning-chart

TOPに戻る