リドレーニュース

第9回2019RIDLEY試乗会

2019/05/07 13:47 PM

富山県高岡市の創業70年を超える歴史を持つ「自転車の宿 宮林」さんで、リドレー試乗会を開催させて頂きました。

現在、高岡サイクリング協会の取りまとめもされている店長は、「まずはお客様に喜んでもらえること」をモットーに接客され多くの常連のお客様に慕われています。

富山県でロードバイクに興味をお持ちの方や、サイクリング仲間を探されているなら、是非足を運んでみて下さいね。

DSC08449 (1280x864)

さて、リドレー 試乗会当日は少し肌寒い天候ではありましたが、雨もふらず、多くの常連のお客様が立ち寄って試乗していただきました。

Noah fast

・これはズルいですね。ひと踏みで走るバイクって雰囲気が伝わってきました。

・まるで戦闘機。今自分が乗っているバイクに比べると少し硬い感じがしましたが、これが踏んだときの反応の良さにつながっているんですね。

・エアロらしからぬこの軽さは、本当にエアロオールラウンダーですね。

FenixSL disc

・乗り心地の良さとブレーキの安定感で楽に速く遠くまで行けそうなバイクですね。

・ディスク仕様はもっと重量が重いのかと思いましたけどこれなら全然今のバイクと比べても気にならないですね。

翌日は、一転絶好のサイクリング日和の天候の元、お店の走行会に参加させていただきました。

お店から一路富山湾を目指します。

最初の目的地は、大きな帆船が停留されている海王丸パークへ。

立山連峰と大型帆船のコラボは絶好の撮影スポットでここで集合写真です。

その後、潮風を浴びながら海沿いの道を20kmほど快調に進みます。

時折、富山湾ごしに見る立山連峰はホントに壮大なスケールで、この景色の為に訪れる方が多いのも納得です。

富山湾に別れを告げた後は、内陸側の山を越える平阿尾線へ。

信号はほとんど無く、交通量も少ない峠を3つ程超えていきますが、ここでアタック合戦勃発!?

一気に乳酸が溜まった脚を回復させながら店舗へ戻り、充実感満タンの80km程の行程が終了です。

お店では、その日のメンバーに応じて、グループ分けをされたり、ルートのレパートリーをたくさんお持ちだとのことです。