ヴィクトワール広島 Vol.12

2019/04/03 10:59 AM

3月になり、いよいよ本格的なレースシーズンが始まりました。ヴィクトワール広島としてはホームの広島で開催された西日本チャレンジロードレースが初戦となりました。Jプロツアーでは修善寺大会が開幕戦となりシーズンインを迎えました。

79DAD7FB-889B-4F03-BA1C-E1ABBD1B0D02

そして今期も23歳以下のリーダージャージであるネクストリーダージャージを狙う白川選手のコメントを紹介します。

 

みなさんこんにちは!

まだ少し寒さが残りますが走りやすい季節になってきましたね。「悪魔のX」ことHELIUM Xに選ばれし者、白川 幸希です。

6545FBBD-50E1-4A4B-8148-05CDF3885E77

ホイールはどのレースもfastforwardのF4Rを使用しています。

軽量なHELIUM Xに軽量ながら高剛性なF4Rの組み合わせは、登りと平坦のバランスが良くどんなコースにでも対応できます。

去年も全レース同じ装備で挑み、アップダウンの激しいレースでは西日本チャレンジロードレースで2位、Jプロツアーの最終戦南魚沼ロードレースで13位、クリテリウムではJプロツアー宇都宮クリテリウムでスプリント賞獲得、同じくJプロツアー維新やまぐちクリテリウムで8位という成績でした。

本当にどんなコースでもこなすオールラウンダーです!

そんな僕と悪魔のXですが、今年は去年よりももっと活躍できるようにトレーニングの内容を一新しました。とは言っても自分は考えるのが苦手でで、少し考えるだけで頭がブローしそうになるし考えても分からないことだらけ。

そんなブローしかけた僕の頭は一つの答えを見つけました。『そうだ、得意な人に任せよう。』と。そこでいつもデータに基づく話と様々な選手と走ってきたチームの中川さんにメニューを組んでもらうことにしました。

それはProject〔N〕(N=Nakagawaの意)と呼ばれ泣く子も黙r・・・(笑)

レースのないオフシーズンは休息期間もしっかり取れるので、ウェイトトレーニングやSFR(重いギアを回す自転車でする筋トレ)などを入れて筋力アップを意識してトレーニングに取り組みました。

そして年が明けてからベース(低強度)の底上げ。そして少し距離を踏みながら2月半ばくらいから少しずつインターバルを入れレース強度の強化をしてきました。

現在も4月末からのレース連戦に向けて高強度の仕上げをしているところです。

今までの自分の練習はありったけの時間をサドルの上で過ごす事が全てでした。

しかしProject〔N〕では数値で管理しているのでオーバーワーク(練習のし過ぎで回復が追いつかなくなってしまう事)気味の時にはデータをチェックしている司令官(中川さん)から『ちょっとブレーキ!』と指令が来ます。

そのおかげでオーバーワークには陥らず、先日のJプロツアー開幕戦の修善寺ロードレースでは、展開によって変わってくるので順位は良くありませんでしたが、パワーの数値では去年より1割ほど高いデータが出ていました。

DD9DB258-4640-47EB-B46E-FDD89A07D8E5

今年はすでに西日本チャレンジロードレース、Jプロツアー開幕戦の修善寺ロードレースを走りました。特に修善寺ロードレースでは海外選手達の強さが際立ち格の違いを見せつけられました。

僕たちはどうやら平和ボケをしていたようです。

世界にはそのぐらい強い選手が山ほどいて、僕が目指すヨーロッパはさらにその上。

A0C373F3-552C-4E18-BC8C-8D9FC057018E

僕がその海外選手達と同レベルでやり合えるようになる事は、僕の夢への最低条件だと感じました。

いつもふざけた事ばかり言っている僕ですがヨーロッパへの憧れは冗談ではありません。

しっかり考えて休んで努力して、周りの助けを受けて頼って支えてもらって、そしてとびっきりの逃げ屋になりたいと思っています。

このまま順調に仕上げていって、レースの逃げ集団で走る自分を想像するともうニヤニヤが止まりません(笑)僕のとびっきりの走りを披露するのでこれからも応援よろしくお願いします!٩( ᐛ )و